東京都

TOKYO CAREER GUIDE 東京で働こう。

OUR VOICE 東京で働く体験談

Woojin Jeong ウジン ジョン

Woojin Jeong ウジン ジョン

MY TOKYO STORY

  • 19

    韓国・釜山の大学に入学。日本語学部で日本語の勉強を始めました。さらに日本に関する知識を深めたいと考えるようになりました。
  • 20

    旅行で初めて日本を訪れる。1日だけ東京に滞在し都会に憧れを抱くようになりました。
  • 24

    ワーキングホリデイで来日。日本語を上達させるため、学校には通わず、複数の飲食店で接客に取り組みました。
  • 25

    卒業のために韓国に帰国。日本でのキャリアを夢見て、韓国の日系企業に入社しました。
    営業アシスタントとして経験を重ねます。
  • 29

    日本でのキャリアに再挑戦。多様な国籍・文化が行き交う東京で成長したく、東京の会社に就職します。
  • 36

    株式会社トップランクに入社。海外マーケットに対し、自動車販売を行っています。

メッセージ

東京は全てが最先端です!

Woojin Jeongからのメッセージ

迷うことなく、是非東京に足を運んでみて下さい。東京には沢山の出会いやチャンスがあります。東京では、他の環境ではできない貴重な経験が沢山でき、その都度、確実な成長を実感します。ここでの暮らしは、"何事も最先端"がキーワード。知識やスキル、人間力を高める上で、万全な環境が整っています。一緒に東京でチャレンジして成功しましょう。

東京で掴んだビジネスチャンス。夢は人生のグローバル化!

Woojin Jeongの仕事内容

日本製の中古車を韓国等、海外市場に輸出する事がメインの仕事です。私は、営業担当として、現地の取引先ディーラーに自動車を売り込む仕事をしています。技術力の高い日本車は、海外で非常に評価されており、お客様にアピールする上で申し分ありません。自分が海外に持ち込む自動車が、現地交通の安全性を高めていると感じる時があり、非常にやり甲斐を感じます。最近では、東南アジアへの出張も経験しました。現地の交通事情を目の当たりにし、自分たちが、まだまだ貢献できるチャンスが多い事を実感しました。最もやり甲斐を感じたのが、ナミビアというアフリカの国から来た案件です。高級車を買いたいというご希望でしたが、当初は在庫も流通経路も把握できていない状態でした。そんな中、在庫と流通を入念に調べ、提案を繰り返し、ようやく受注を得ることができました。初めての挑戦で不安も多くありましたが、それを乗り越えられた達成感と、改めてグローバルなビジネスに関わりたいという思いが、同時に湧き上がりました。今後も、これまでの自信をもとに、多様な国の案件に関わり続けたいと思います。

東京で、世界の精鋭から学ぶ日々を送っています

Woojin Jeongの東京で働く魅力

東京は、世界各国から優秀な人が集まって来る場所です。そして、時代の先をいく沢山の情報を手にするのに、最適な環境が整っています。私の職場においても、多様な国籍の同僚と交流する事ができます。社内では、英語を公用語に話す機会も多く、スキルアップにもなりますし、お互いの国、お互いのビジネスの習慣を学ぶ事ができます。特に、印象的だったのがロシア人の同僚と以前に話した時のことです。ロシアの一流企業で働いた経験を持つ方ですが、現地のビジネスのスピードの速さと、着実かつ丁寧な日本のビジネススタイルを両立させながら働いている姿勢から自分の成長のヒントを頂きました。東京では、柔軟性に優れ、自分の個性も活かして活躍する優秀な人材と沢山出会うチャンスがあると思います。そういった方たちの考え方を沢山取り入れ、自分も一層成長したいと思います。

大好きな日本語を活かし、東京での新たなチャレンジ!

Woojin Jeongの東京で働くまでの経緯

日本に渡るきっかけになったのは、大学で日本語を専攻した事です。韓国語と日本語は、文法が非常に似ており、習得した知識をすぐに使える事に楽しさを感じていました。日本語を知っていくうちに、日本に対してもっともっと知識を深めたいという想いが込み上げて来ました。先ずは日本文化に直接触れようと、福岡から仙台まで日本全国を旅行しました。きれいな町並みと、美味しい料理、親切な日本人の方々と触れ合ううちに、日本での生活に憧れるようになりました。中でも東京は、世界有数の大都市でもあり、旅行で短期間訪問するだけで強いインパクトが自分の心に残りました。東京でのチャレンジが、必ず自分の人生にプラスになると感じるようになり、ワーキングホリデイで東京での就業を選択しました。あの頃は日本語を上達させる事を目標に、がむしゃらにアルバイトしていたことが思い出されます。東京の人たちのコミュニティーや社会に溶け込むにつれ、アルバイトではなく、本格的に東京で働きたいと考えるようになりました。大学時代に専攻した日本語には自信がありましたので、日本語が活かせ、なおかつグローバルに活躍できる仕事をメインに探したところ、東京が最も自分に適した場と感じました。東京では多様な文化が行き交い、親切な日本人の方々とも沢山交流できますので、自分の良さが大いに発揮できている事を嬉しく思っています。

仲間や趣味をもつことで、アフターファイブも週末も100%満喫しています。

Woojin Jeongの東京で暮らす魅力

東京で暮らす魅力は、オン・オフの切り替えが沢山できる事です。オフの日は、アウトドアや体を動かす事が大好きです。以前、浅草に住んでいた事があるのですが、時間を見つけては、隅田川沿いをジョギングしていました。4~5kmは軽く走れますので、良いリフレッシュになりますね。次は皇居ランニング(※)にも挑戦したいです。東京は、お洒落なレストランも多いですが、私は屋外での食べ歩きも大好きです。浅草にいた頃は、商店街や屋台などで、大好きな揚げ物を買い歩いています。私は日本の歴史にも強い興味があります。身近なところで、浅草の浅草寺、有名どころで、江戸城跡地の皇居など、歴史的建造物を訪れ、かつての日本を色々と想像します。特に江戸時代、戦国時代には高い関心があり、歴史上にたくさん好きな人物がいます。東京は、大都市である反面、ゆっくり自分と向き合う環境も揃っています。休日には、部屋でゆっくり過ごし、歴史上の偉大な人物たちが、当時をどう考え、どう生きたのか考えるようにしています。日本の歴史は奥深く、深く学んでいくと、日本の意外な一面を見ることができ、楽しいです。
※皇居の周囲約5kmのジョギングコース

BACK