東京都

TOKYO CAREER GUIDE 東京で働こう。

OUR VOICE 東京で働く体験談

Shining Tseng シャイニング ツェン

Shining Tseng シャイニング ツェン

MY TOKYO STORY

  • 15

    3ヶ月間、目白学園に留学しました。身近に日本人の観光客やワーキングホリデイの方がたくさんいて、非常に親しみやすい国と言う印象を持っていました。
  • 18

    日本ドラマを見て日本語を勉強。ドラマを見る中で日本好きになり、J-POPにはまり始めました。
    高校でも日本語を専攻し率先して学習する習慣を身に付けました。
  • 20

    オーストラリアの大学に在籍し、日本にまつわるアルバイトを開始しました。日本人向けツアーガイドを行い日本語の実用化・スキルアップに励みました。
  • 21

    交換留学生として上智大学に留学。国際サークルに所属し多くの日本の学生の方々とも交流しました。
  • 23

    東京での就職を決意しモブキャストでの勤務を開始。海外営業職を担当する事になりました。
    日本のゲーム技術を海外に持ち込み、世界に楽しさと感動を与えています。
  • 25

    海外営業マネージャーを担当。台湾・中国などのアジア圏に集中した営業活動に励んでいます。
    日本語・中国語・英語を駆使し、アジアにモブキャストブランドを広げています。

メッセージ

東京の魅力を知りたくさんの仲間を見つけて下さい

Shining Tsengからのメッセージ

今はインターネットも普及し、遠くからでもたくさん情報収集ができます。東京の魅力をたくさん見つけ興味を持って東京に来てみて下さい。些細な事でも東京でしかできない事はたくさんあり、まずは一歩前に出てみる事が大切だと思います。東京では家族と言える仲間がたくさんいます。多くの出会いを作り、東京で一層ご自身の可能性を広げてみませんか?

『東京発』の楽しさをアジアに広げたいと思います

Shining Tsengの仕事内容

入社した当初は人員が少なく、欧米やアジアの市場を幅広く見ていました。ゲーム業界の営業は、ゲームを知るだけではなく、マーケティングや現地文化を理解する必要があります。仕事を通して幅広い知識を得る事ができ、本当に有意義だと感じています。最近では営業の人員も徐々に増え、チームとして仕事を分配しており、私はアジアマーケットに専念できています。メインターゲットは中国と台湾です。月に一度は出張で現地に足を運び、お客様やパートナーとコミュニケーションを取っています。ただし今後は、通信環境の整った地域にも広げていきたいと思います。また、共同開発の提案など、営業の枠を超えた取り組みにも参画でき、非常に充実しています。モブキャストのゲームをアジアに拡散し、クオリティの高いゲームを世界の人々に届けていきたいです。

東京での出会いが、新たな知識と学びを生んでいます

Shining Tsengの東京で働く魅力

東京のビジネスマンは、明るくポジティブな方がたくさんいます。皆、会社を一層成長させるという、同じ目標に向かって一生懸命働いています。特にモブキャストの同僚は、年齢に関わらず、距離感を感じさせない親しさで接してくれます。チーム一丸となって頑張る事ができ、本当に充実したキャリアを送る事ができます。メンバーも多国籍で、欧米・韓国・中国・香港など、幅広いバックグラウンドを持った方々がいらっしゃいます。彼らから学ぶ事は本当にたくさんあります。最近では、韓国人の同僚から韓国語を勉強しています。日本語・中国語・英語をマスターし、中国や台湾をターゲットにした仕事をしている私としては、まさか韓国語を学ぶ日が来るとは思っていませんでした。東京での出会いを通して、強いチームワークと今までなかった知識を得る事ができていると思います。

東京とのご縁は、私が高校時代の頃からです

Shining Tsengの東京で働くまでの経緯

東京とは私が高校生の頃から関わりがありました。日本の知識を深めるため、短期間語学留学していたためです。当初から、東京は大きな街で、海外の方々も多く訪れるイメージを持っていました。トレンドもいち早く入手でき、非常に進んだ都市と言う印象がありました。大学生で再度上智大学に留学した時、東京の親切な人々に触れ合う機会がありました。同じく留学生の友人が多く、英語でのコミュニケーションがメインでしたが、皆本当に親切で日本での生活に憧れるようになりました。サークルに入って、日本人ともたくさん交流し、日本語も少しずつ上達させました。22歳の時、最初の就職先は台湾の会社でしたが、日本への憧れが強く、台湾・日本の貿易に関わる仕事へ移りました。仕事でも絶えず日本を訪問していましたが、その頃から東京で就職する事を意識するようになりました。東京の就職イベントに参加し、日本の企業は研修がしっかりしている会社が多い印象を持ちました。会社で働きながら学べる研修制度は私にとって魅力的で、スキルアップにも繋がると確信しました。それ以降、日本で就職活動を進めモブキャストと出会いました。現在は研修を通し、日本のビジネスマナーや営業手法を学び、世界でも通じるビジネスパーソンとしてのキャリアを歩む事ができています。

東京での生活は充実と成長の毎日です

Shining Tsengの東京で暮らす魅力

東京での生活では週末がとても充実しています。美術館やコンサートに足を運び、そこでの体験を楽しんでいます。ビッグバンと言うK-POPのユニットが特に好きで、東京ドームにも足を運びます。その他に夢中になっているのはまたカフェ巡りです。動物好きという事もあり、猫カフェやふくろうカフェを訪れ直接動物たちに触れ合っています。東京は良い食材がたくさんあるので、カフェやレストランでの食事を楽しんだり、お菓子作りもよく楽しんでいます。料理教室で本格的に腕を磨き、先日はケーキを作りました。会社で大好きな同僚たちに自作ケーキをシェアし、非常に喜んでもらった思い出もあります。自分が作ったケーキで、会社の方々に笑顔になってもらうのは素敵なことですね。話は変わりますが、東京の日常であった驚きについてシェアします。東京で最初に戸惑ったのは、ごみ出しのルールです。ここまで細かくごみの分別をしている国は日本だけだと思います。特に東京はルールに厳しく、慣れるのに非常に時間がかかりました。ただ、この習慣を通してごみの分別は非常に大切なルールだと感じるようになりました。自分の身の回りを整える事は、周囲にも気持ちよく接するコツだと思います。

企業インタビュー

執行役員 人事本部長 井上 貴弥

多国籍の社員が集まるチームが、今年度最優秀チームに選ばれました!

私たちがこだわっているのは、「ユーザーに感動を与えるクオリティの提供」です。開発チームにはコンシューマーゲームやモバイルゲームなど、様々な領域で活躍してきた人材が多数在籍し、自社開発のゲームにはこれらの経験やノウハウが抜け目なく活かされているため、クオリティの高いゲームを提供することができています。 「世界70億人をワクワクさせる」というビジョンのもと、来年は本格的に新規タイトルを世界に向けて配信するべく海外展開を加速させていくために、日本だけでなく世界中の優秀な仲間を採用したいと考えています。実際に、自社ゲームの海外配信と海外ゲームの日本配信を担当する海外事業推進室では、様々な国籍を持つ社員が活躍しており、今年立ち上げた部署にもかかわらず、2015年度の最優秀チームに選ばれました。言葉の壁を乗り越えて出した今回の結果は、他の部署の社員に大きな刺激を与えています。仕事や人生においても、「何かをしてやろう!」と思っている方であれば、東京にはそれを実現できる会社がたくさんあります。ぜひ、一緒に東京で働きましょう!

BACK